2011年02月20日

2/13(日)の練習@NCE

この日は久しぶりにNCEの合奏に参加できました。
この合奏後また1ヶ月空けることになるので準備も周到に参加しました。

今回はプスタ全曲。
この曲はシンプルな和音進行の上にジプシーの特徴的な音程進行が乗っかってくるので、和声部や伴奏部の安定感が重要になります。
それを踏まえた上での合奏となりました。

1楽章冒頭のCmはテナーサクソフォン以外の5度ががっちりと調和する必要があります。
テナーの短3度は低く入らないように、響きを柔らかくする役目を果たせるように狙ってください。
3小節目の3,4拍目に初めてFの輝やかしい響きがきますのでこれが際立つよう正確なピッチと音色を意識してください。
Aの2小節前4拍目には初めてにドミナント7th(G7)がきてCmへとカデンツ(V-I)を構築します。
Aからのテンポは前に動きますがテンポが確定するのはAの13小節目です。9小節目がテンポの頂点にならないように距離感を修正しておいてください。
Aの9小節目にはCm→Cへと移行中ですのでまだ音楽のテンションは成長しています。
13小節目のCmへ戻ったところでテンポも確定されます。
Bの16分の旋律は下のパートで流れてる通常の旋律と同じです。
各拍の頭の音がつながって旋律となるようにトレーニングしてください。(ある程度じゃ聴く人にはわからないんで完璧にさらってください)
Cからの4小節(リピート入れて8小節)はCの素朴な響きとI-V-Iのシンプルで力強い和音進行を意識してください。
リピート後(9小節目)からは元のCmに頭を切り換えられるように先読みでお願いします。
Eからの16小節は和声パートは5度の響きを正確にお願いします。(響きの中に空洞があるような感覚?でしょうか?)
その空虚な響きの中を旋律パートが動きます。
5度にずれが出ると旋律の居場所がなくなっていきますんで重要です。
曲の終盤にいくにつれて4分音符が短くなる傾向があるので最後まで音価をしっかり伝えられるようにしてください。

1楽章のブレイクポイントはA,C,D,Fの前ですのでご確認お願いします。

2楽章はハ長調の素朴な響きが基本となります。
和声部は薄く柔らかく、旋律部はレガートの輪郭をはっきりとすることを意識してください。
急がずにゆったりとしたアンサンブルを楽しんでください。
Cのグロッケンの4分音符は非常に重要です。光を差し込むような音をイメージしてください。
Eからはテンポを少し前に、ルバートがなくなります。

3楽章はニ短調で始まりニ長調で終止します。
Bの金管アンサンブルは4,8小節目にくるドミナント(A)をしっかり伝えられるように、9小節目からはDに移行し17小節目1拍目裏から18小節目頭までの3つの音はユニゾンとなりかなりの威力を持ちます。その後Cの1小節前で元のDmへと戻ります。
音楽的にもドラマティックですのでこだわって演奏したいですね。
Dからの和声部は1楽章にもあったような5度の響きになります。旋律部は非常にジプシー色の強い音程関係を作りますので、ゆっくり一つ一つの音程関係が魅力的につながるように練習をしてください。
最後の2小節のカデンツ(II7-V7-I)(Em7-A7-D)は響きがしっかり認識できるように、最後はDmではなくDに終止しますので伝わる必要があります。
最後の小節はDの和音がなってDのユニゾンへと向かいますので狙いをしっかりと持っていかないといけません。

4楽章の冒頭はあまり重すぎないように。4小節のフレーズが流れるようにしていきましょう。
4小節ずつそれぞれ表情が移り変わるフレーズですので流れが大事です。
単音単音は魅力的に響いているので流れ出せばかなりいいものになると思います。
Aからのアチェレランドは行き過ぎに注意してください。
まず8小節間でテンポが動き、次にボリュームが変化してカンマが入って元に戻ります。
Bからはまだゆっくりしてますがまずピッチや音色が安定させて、今後プレストのテンポ感まで上げていきます。
終わりのテンポは急激ですのでご注意ください。

次は3/13までお休みです。申し訳ありません。
3/20,21にはかなり練習できますのでよろしくお願いします。
posted by kim at 16:08| 大阪 | Comment(0) | NCE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

2/12(土)の練習@BB☆S

久しぶりの更新です。

この日はレッスンの予定でしたが急遽通常合奏に変更。
練習曲は予定通りノーザンランドスケープとソロ。

まずはノーザンランドスケープ。
全体的には随所に練習の跡が見えました。

第1楽章の冒頭はしっかりインパクトをつけてディミヌエンドもしっかりとしてメリハリをかなり意識してください。
Cの5小節目からのパートは先行してるパートと同じバランスで。
Eからはまだテンポが不安定です。
先行するフリューゲルを模倣するように繋いでください。ただし歌うことは忘れずにいきたいですね。
Gの前のコルネットとトロンボーンの動きは要練習です。

2楽章冒頭のコルネットはフレーズ感を大事にしたいです。
一つ一つの音に神経が行き過ぎて単音ずつ、4分音符単位の音楽になってしまってます。
3,4小節目の2拍3連は音価を大事にいきましょう。
Aからは和声部のフレーズ感が大事です。
B、Dのコルネットは音色のコントロールを!

3楽章は移り変わるアクセントにしっかりと重心が乗るようにしていきましょう。
テンポが不安定になりやすいので要注意です。
Dからは基本Pの音楽になるように意識しましょう。
Hはfのテンションが音階を降りきるまで維持できるように。

4楽章冒頭16分のパートはテンポを急ぎすぎないで全音の距離を維持できるように意識してください。
旋律部はフレーズ感の共有が必須ですね。
Aからの伴奏は重くならないように、軽やかにスピード感が大事です。
Eからの伴奏部は8分符点4分のリズムの8分側に重心があるようにしてください。
Hからはハードワークよろしくお願いします。

その後ソロ3曲と最後にトゥナイトを練習して終了。

ユーフォソロは新しい音源とソリストからの説明がまわってるのでしっかり確認して準備する必要がありますね。

本番まであと4回!
がんばるぞ!
posted by kim at 01:17| 大阪 ☔| Comment(0) | BB☆S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

1/16(日)の練習@NCE

2部の合奏は途中参加。いつもすいません。
ボヘミアンラプソディの初合わせでした。
これで曲は全部出揃ったのかな??

1部の合奏はコラールとプスタの1楽章。
まずはコラールをじっくりと練習しました。
この曲の随所に張り巡らされた4度の動きをどれだけ美しく響かせられるか?は非常に重要です。
旋律線や和声ラインでの4度もそうです。
冒頭のBb→Eb→Bbの和音進行はこの音楽を特徴づける役割をもっていますので響きが体に染み込むくらいに聞き込んで音の流れを覚えてください。

featureされているサクソフォンパートは基本appassionatoです。
譜面の冒頭に書き込んでもいいくらいです。

バンドは暖かい響きを目指します。
暖かくとか柔らかくとなった時に音の動きが鈍くなることが多いので音の動きはテキパキとお願いします。
指の動きをテキパキ、はっきり動かすだけでもレガートの輪郭ってはっきりしますよ。
充分なエアーに支えられた暖かく柔らかい響きとはっきりとした音の輪郭を両立させていきましょう。

一つ一つの音をもっと大事に丁寧に扱ってフレーズを作れるように練習していきましょう。
全ての音に神経が通うように、その中で大小をつければ美しいフレーズが紡がれていくと思います。
この曲を通してバンドとしての美しい響きを手に入れたいです。

プスタ_1楽章はアーティキュレイションをはっきりと区別していきましょう。
特に長い音が短く聞こえるので非常に鋭い不快な響きになってしまいます。
何もついてないのがアクセントのように、アクセントはスタッカーティシモのように演奏されています。
音価を充分に与えられるように配慮して練習してください。
充分な音価があれば音程も見えやすくなり結果として響きが安定します。
そこにアーティキュレイションを区別すれば違いが明瞭に反映され、面白みや変化がついていきます。
何もついてない4分音符をなめてかかると他の全てをがんばっても演奏には反映されないんです。
見る角度を変えるだけで物事が違って見えるのと同じように楽譜もいろんな角度から取り組んでみてください。
今まで苦労してたことがこんなことで解決するの!ってことが普通にありますよ。

合奏を楽しむためにも事前準備をしっかりしていきましょう。
最初は大変ですが慣れればどうってことありません。
いいリハーサルを重ねて本番はメンバーもお客さんも満足できる「音楽の時間」にできたら最高です。
やっぱり最高を目指してがんばりましょう!
posted by kim at 18:02| 大阪 ☀| Comment(0) | NCE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/16(日)の練習@BB☆S

初合わせの曲がメインになりました。

基礎合奏は途中からの参加となり申し訳ありません。

合奏は最初にソロの2曲。
伴奏部とバンドtuttiの部分でメリハリをつけて演奏したいですね。
そのためにもソロなのかtuttiなのかをしっかり把握して対応したいです。

続けてこれまた初合わせとなるアンコール2曲。
どちらもきつい曲ですね。
アンコールがあまり負担にならないようにしたいんですが、書きはじめると…ごめんなさい…
どちらも魅力的な曲なのでまずは譜読みがんばりましょう!

最後に猫。
次回(もう明日ですが)のレッスンで予定に入ってるんで、譜読みの練習にならないように、先生のレッスンに対応できるように準備をしましょう。
楽しむためにはやっぱり事前準備ってすごく重要です。

今回は特に準備期間が短いのであと1ヶ月半、必死に食らいついていきます。
posted by kim at 17:12| 大阪 ☀| Comment(0) | BB☆S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

1/9(日)の練習@BB☆S

あけましておめでとうございます。
2011年もよろしくお願いします。

年明けの初練習。
先生のレッスンの予定でしたが体調不良によりキャンセル…
ま、こればっかりはどうしようもないのでしょうがない。
切り替えて練習しました。

普段より早めにスタートして基礎合奏に結構時間を使いました。
基礎合奏ではBb-dur、Eb-dur、F-durの音階と救世軍より1曲。
上昇、下降ともに最初の動きを大きく(上昇でのド-レ、下降でのド-シ)、5音目の位置を正確に。
体が覚えるまでは根気よく毎回注意して身につくように意識して練習しなきゃです。

救世軍では16小節の短い曲を選択。
フレーズを美しく、どの声部も常に歌う、自分の音と人の音をしっかり聞く、アンサンブルを意識する…
各パートの楽譜はさほど難しくないので、できるだけ多くのことに注意を向けて実現していけるようにしたいです。
こういう曲の時に意識して常にアンサンブルすることが自然な状態になるまで持っていかなければです。

合奏は「ノーザンランドスケープ」
1曲目は軽快な曲ですがテンポが滑りやすいのでメトロノームを使った練習は効果的だとおもいます。
8分音符が短くなりすぎないように注意してください。
Eからのフレーズはスローダウンしないように。付点音符がからんだところが遅れやすくなってます。

2曲目はしっかり歌うことが大事です。
主旋律は当然ですが和声部がいかに寄り添うか!が非常に大切です。
主旋律は下降跳躍でフレーズが途切れやすいので注意が必要です。
上下に分かれる部分は充分に響かせて聴かせましょう。

3曲目はリズミカルに。
4/4の部分の8分音符3つずつで表現されるアクセントは重要です。メリハリつけて演奏しましょう。
まずはばっちり演奏できるように個人練習必須です。
まだアンサンブルを求められる状態にはなっていません。
Dからは基本pです。
フレーズ自体は盛り上がりをみせるので盛り上がりっぱなしにならないよう、終了したら元のpに戻ってまた始めるって感じでお願いします。
Fからは前半部と同じく個人練習必須です。

4曲目は輝かしい音色で!
主部に入ってからの伴奏部は軽やかに。スピード感を持って。
Eからは旋律部は弱々しくなりがちなのでしっかりと響かして、スピード感を失わないように。特に長い音符で。
伴奏部は柔らかい響きが必要ですが、かといってぼやけすぎないように。繊細さも必要です。
最後の2分音符の動きでアラルガンド風に遅れながら大きくならないように注意しましょう。
あくまでもテンポに乗せて突っ切ってください。

最後に633を少しだけ練習しました。

もう本番まで2ヶ月切ってます。
時間みつけて作って10分でも20分でも多くトレーニングを積み重ねられるようにがんばりましょう!
posted by kim at 00:29| 大阪 ☁| Comment(0) | BB☆S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。