2011年06月21日

6/12(日)大阪朝鮮吹奏楽団演奏会

この日はドーンセンターにて大阪朝鮮吹奏楽団第30回定期演奏会に出演しました。
大雨の中でしたがお客さんの入りも上々でほんとにありがたいですね。

オープナーの「アルヴァマー序曲」でかなりの体力を奪われてのスタート。
個人的にはオーバーフローしてましたが、おかげで2曲目からは割と落ち着いて演奏できたかな。
2曲目は今回の演奏会で一気に好きになった「ムンギョンコゲ」って曲。
すごくダイナミックで旋律も美しい。
指揮者の高氏の迫力が凄まじい。

1部のメインは「アルメニアンダンスパート1」
いわずと知れた吹奏楽の名曲ですが、色んな新しい発見もあって楽しかったです。

2部では高校生の演奏と合同演奏。

3部は交響曲「白頭山」っていう30分程度?の曲。
2楽章で技巧的なパッセージも要求されますが、全曲通してなんというか「魂」と「エネルギー」に満ちあふれています。
陰陽の対比が明快で感情移入しやすいフレーズが印象的でした。

2ヶ月連続で高氏の指揮で演奏できたのは貴重な経験になったように思います。
音楽的なアプローチもそうですが、やはり常に新しい発見をできるのは刺激的でもっとがんばろうって気にさせられます。
この経験を所属団体に少しでも還元していけるように自分の力にしていきたいな。

IMG_0362.jpg
ゲネ終了後のステージ。
posted by kim at 10:22| 大阪 ☁| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。