2010年09月22日

9/20(月・祝)@NCE

練習場所をバンビオに移してのリハーサル。
昼間は3時間1部の合奏。

どの曲も共通するんですがそれぞれの音価を充分に、体をリラックスさせて良い響きで演奏しきれるようにコントロールできるようにしましょう。
それからfでさけばない!響きを豊かに充実させれば充分fになります。
ボリュームの大小で音色が損なわれるのはさけたいところです。
どのような場面でもフレーズを美しく、和声や伴奏形もメロディックな表現をできるように。

夜は2部と1部の合奏。
2部の合奏はもう体力の限界。
途中でお休みさせていただきました。申し訳ないです。
精神力はともかく肉体的な体力が残ってませんでした。

1部の合奏は金管群がわりと揃っていたので、最初は通し練習をしようと思っていたんですが予定変更。金管中心の合奏に切り替えました。
金管楽器は(木管もそうなんですが)上半身の力に頼った演奏をすると音色、音程、発音など演奏上のファクターとなる部分で多大なデメリットが発生します。
どっしりと下半身までバランス良いナチュラルな状態で、しっかりとしたブレスとエアーに支えられて初めて美しい豊かな音色を得られます。副産物として音程も安定し、タンギングもナチュラルでノイジーなアタックが発生しにくくなります。
f〜ffでもp〜ppでも基本は同じです。
力に頼らない。エアーを効率よく惜しまずに使ってください。

1部の合奏は残り10/3と前日練習。
前日はほとんどチャイムなどの合わせがメインなので、実質あと1回ですね!
自分がお客さんだとしたらどんな演奏が聴きたいですか?
誰しもなんらかの期待を寄せて会場に足を運んでくださいます。
今できる一番のパフォーマンスを出せるようにイメージトレーニングもしてくださいね。
posted by kim at 01:54| 大阪 ☁| Comment(0) | NCE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。