2010年09月12日

9月11日(土)の練習@BB☆S

今日は久しぶりの「1812」。1日これだけ!

まず最初に基礎合奏。
音階はどの調でも平行移動できるように練習しましょう。
ポイントとしては以前に話のあった上昇形のドとレ、ラとシの間隔、下降形ドとシの間隔。
プラスして第5音「ソ」の位置を安定させる。
半音階では細かい音符を抜けた後の長い音を大切に処理するように心がける綺麗にまとまるようです。

基礎合奏を30分ほどした後、本題の「1812」へ。
曲のダイナミクスはp〜ffffまで。
どうしてもfレンジの広さが先立って音が荒れやすくなります。
この音楽の大事なのはまず、音の美しさ、各フレーズの美しさ、賛美歌や民謡調のテーマ、国歌などで旋律が構成されているので歌うような美しいフレーズ感は必須です。
それに対比するように決戦場面の生々しい音楽があります。
美しさと生々しさの対比、パワーは上半身のパワーではなく、下半身からフルに使った息の支えが必要です。もっと魂を込めて演奏しましょう。

今日の演奏を聴きながら感じたのはpになった時のコントロールが効かないこと。特にfやffを越えた後のpで息のコントロール、アンブシュアのコントロールを失ってしまいます。

来週はいよいよ合宿突入します。
覚悟決めてがんばりましょう!
posted by kim at 01:08| 大阪 | Comment(0) | BB☆S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。