2010年08月31日

8月29日(日)@NCE

昼間に3時間みっちり木管分奏。ダフクロオンリー。
指揮者曰く結構追い込んで練習したらしい。私はいなかったんでわかりません。

夜は2部の提出用音源のレコーディング。
パーカッションがお休みだったのでドラムとベースは代打登場。
80分間で5〜6曲を練習して録音してなので結構忙しく大変。
無事に音源がつくれていればいいですね。

最後に1部の合奏。曲は「シャイン・アズ・ザ・ライト」
この日からは本番想定のテンポ。まぁ速いです。
楽譜から目を離せるようにしていく必要がありますね。
練習自体は細かく根気よくって感じの合奏でした。
10/8拍子の旋律は見違えるほどよくなりましたね。
次回にまた元通りってことにならないようよろしくお願いします。
senza mizuraの部分はクラリネットは迷わず吹いちゃってください。
終曲でのコラールは力押しではなくって充分な息に支えられた豊かな響き、音色で高らかに歌い上げましょう。
木管楽器のパッセージもリラックスした輝かしい音色でよろしくです。

この曲に関してはブラス版のイメージを持ち込む気はさらさらありませんし、吹奏楽らしい多彩な音色を存分に引き出せるようにしたいと思っています。
だからどんな場面でも全体に音程や音色、響きのない打撃音的なアクセントは不可です。どんなパッセージもしっかりとした響き、音色を出せるようにしっかりと吹き込んでください。

次回の1部は「神居古潭」です。1曲ずつシリーズも最終回。
9/20(祝)の練習はできる限り無理してでも参加してほしいです。
今後本番まで1部の合奏は減っていますので。

エキストラさんも多数合流してきてぼちぼちテンションあげていかないといけないなと感じています。
いい演奏会になるようがんばりましょう。
posted by kim at 02:42| 大阪 ☀| Comment(0) | NCE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月29日(日)の練習@BB☆S

BB☆Sは2日連続練習。しかも前日は朝から夜。体力的にも精神的にもタフな週末となりました。

練習は毎度おなじみ音階練習。
ほとんど毎回やってますがやっぱりスケール練習って難しい。でもすごく練習になる。テーマを持って臨めば絶対に基礎演奏力は底上げされるはずですね。
音階の次は救世軍チューンブックから2曲。
初見力の向上もありますが、美しいハーモニーやフレーズ感の養成、アンサンブル力の向上に非常に役立つように思います。

基礎合奏後、最初の練習曲は「フローレンティナマーチ」
ちょっとゆっくり目のテンポで、響きをつくることとテンポをそろえることに重点をおいて合奏してみました。
まずしっかりとした響きを得て、ボリュームを増幅して行ければメリハリの効いた演奏ができると思っています。
次に「威風堂々」と「ゴールデンレディ」
Bassを中心にすえた音作りを意識すれば気持ちの良いサウンドを演出できるんではないでしょうか。

その後指揮者交代。
「ホック」と「セレナーデ」で「ホック」中心。
両曲ともバンド側のバランスというかソロの部分とバンドの部分でのメリハリをどんどん効かせたらいいと思います。

来週はミュージックパークで午前がリハ〜本番。夜は先生レッスン(噂では1812)。
もう本番まで1ヶ月。突っ走りましょ。
posted by kim at 02:14| 大阪 ☀| Comment(0) | BB☆S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。