2010年08月21日

8/21(土)の練習

音楽監督による2度目のレッスン。
場所はいつもと違って堺市立青少年センター。

今シーズンは基礎演奏力の向上と基礎合奏力の向上、音作りを目指しています。
前回同様、スケールの練習。
上昇時の第1音と第2音、第6音と第7音、下降時の第1音と第2音の距離感について指摘がありました。
今後はアルベジオトニカも導入するよう課題を提示される。

引き続きタンギングとスケールを組み合わせた基礎練習。
同じ音の連続時と動き出した時が乖離しないようエアーとアンブシュアの支えは重要ですね。
何とか時間を作って毎日トレーニングできるようにしたいです。

その後は曲練習。
今日のお題は「フローレンティナマーチ」と「ゴールデンレディ」。
フローレンティナマーチでは、基礎練習の曲での応用。
同じ高さが続く16分音符から8分音符で動き出したときの響きが違わないようにしないとしっかりとしたエアーの支えが必要なようです。
難しそうな箇所、そうでない箇所も譜面の見た目に左右されず常に安定したエアーとしっかりとしたアンブシュアの支え、深いブレスを忘れずに習慣づけていきたいです。

ゴールデンレディでは、音作りをメインにしていました。
「F」の音が鬼門になっていました…
アクセントやfで演奏するときに音程が消えないように、クリアな音程、音色でコントロールできるようにしなくてはいけません。
主旋律は駆け抜けるようなリズムの上に乗っかるだけ。わめかない、さわがない。注意します。

いつもより1時間短かったのでちょっと不完全燃焼気味でしたが濃い時間が過ごせて楽しかったです。
本番まで1ヶ月強。これからレッスンも増えますし、何より楽しい本番を過ごせるようにできる限り個人練習がんばっていきましょう。
posted by kim at 23:18| 大阪 ☁| Comment(0) | BB☆S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。